「メンタルコンディション」 #150号(2015年12月)


受験シーズン開幕まで1カ月を切り、塾内では受験生の表情が引き締まってきました。仲間どうしの会話を聞いていても、勉強内容や学校選び、推薦の志願理由書等が大部分を占めています。

さて、いよいよ「入試」を意識した毎日に突入したわけですが、これからは得点力とともにメンタル面の安定・強化も「合格」に向けて大切な要素となります。第1志望校を定めたうえで、併願校を決め、どの入試制度を使うか…、そういった現実的な選択を迫られる時期、当然ストレスも抱えますし、焦りも出てくることでしょう。塾でも三者面談等でご相談をしておりますが、ご家族のサポートが必要になってまいります。どうぞ宜しくお願い致します。

勉強量(時間)は、基礎を固めるために不可欠であり、自分の答えの「よりどころ」となります。また、良質の学習は脳を鍛え「実戦力」を高めます。これらに加えて、本番の「平常心・集中力・判断力」が備わっていけば、勝てるメンタルに近づきます。会場の雰囲気にのまれたり、弱気になったり、必要以上に自分にプレッシャーを与えてしまったりすると、いつもの自分のチカラが出し切れません。慣れておくためにも、あえて試練を想定したリアルな体験も必要になってきます。

合否を分けるのは、わずか1点。特にボーダー付近は受験者が団子状態でひしめき合う熾烈な競争です。入試当日の朝、最高のメンタルコンディションで迎えるために、さらに鍛えていきます。



練習は本番のように、本番は練習のように。
[PR]
by chikushin-column | 2015-12-17 16:42

毎月お渡ししている塾生保護者様への塾報(ちくしん通信)から、「塾長コラム」欄を抜粋したものです。どうぞ、ご一読ください。(文責 今井)


by chikushin-column